税理士とは

税理士とは - 税理士について

税理士について

税理士とは

税理士について

税理士とは、所得税や法人税、相続税、贈与税、消費税、道府県民税、市町村民税、事業税、固定資産税などを扱う、税務に関する専門家です。
税理士資格と言う国家資格を持っていて、主に、税務代理や税務書類の作成、税務相談を行っています。

税務代理業務とは、税務署などに対して、税金の申告や申請、請求書、不服申し立て、調査立会いなどをする業務です。

税務調査の立ち会いでは、税務調査の際に立ち会って、依頼者に代わって税理士が答弁や主張、陳述などを行います。



税務書類の作成業務では、申告書や申請書、請求書、不服申し立てなど、税務署などへ提出する書類の作成を行います。

これらの書類を作成することは、一般の人にとっては、とても難しいものです。
そのため、税務の専門家である税理士が、代わりに書類の作成の手助けをします。

税務相談業務は、税金についての申告や主張、陳述、申請書などの作成に対する、納税者からの疑問や質問に答える業務です。

身近な税金についての質問などにも、答えてくれることもあります。

さらに税理士は、決算書などの財務書類の作成や、元帳や試算表など会計帳簿の記帳の代行、その他の財務に対する事務などの会計業務も行うことができます。
本サイトでは、そんな税理士の気になることや相談にあたっての知識、
また、税理士になるための基礎知識や気になる収入まで細かくお伝えしてまいります。

最も興味のあるフレーズは?

特にWEB上でも興味が大きい題材はやはり「収入について」
こちらは掘り下げて説明をしておりますのでぜひご覧ください。

税理士は、身近なお医者さん



税理士さんは、時には会社にとっての身近なお医者さんであったり
また時には良き相談相手にもなって頂けます。
全国津々浦々に多くの税理士の先生が開業し業務を行っておりますが
それぞれの会社にあったより良いパートナーシップとして 見つけることが会社の業績UPにもつながっていきます。